キャッチコピー

妊娠中のカンジタ症

妊娠中のカンジタ症になってしまうと、出産の時にすごく大変なことになります。 でも、妊娠中のカンジタ症って意外に多いんですよね。 カンジタ症は、免疫力が落ちている時に発症しやすいので、妊婦さんでも出産までに頑張って治療している人の話をよく聞きます。 赤ちゃんは産道を通ってくるので、性病に感染していると、どうしてもうつってしまう可能性があるんですよね。 そういう場合は、抗生物質の点滴を打ちながらやったりしないといけないので、出産費用もちょっと高くなったりします。 妊婦さんが、出来れば出産までに性病は完治したいものですね。 赤ちゃんへの危険が高まるので、やっぱり治療をしないといけません。 放っておいて治るようなものではないので、出来るだけお医者さんの指示に従って、治療をするのがベストだと思います。 そのためには、まずは妊婦健診をちゃんと毎回受診するのが大事だと思います。 たまに妊婦健診を受けないとかとんでもない人がいるので、すごく危険だなって思います。 事情があるんでしょうが、お腹に赤ちゃんがいる時には、やっぱりしっかりと検診を受けて、赤ちゃんの健康を守らないといけないんじゃないのかなって思います。 それが結果的には、自分の体調管理にもつながりますしね。

カンジダ痛いよー

痛いよー 口の端が炎症を起こしてたんだけど、 そのかさぶたみたいになっていた部分がさっきあくびをしたらべりって切れたあ(泣) こういう傷って見た感じ大したことないけど、 地味に痛いのよね..... 食べ過ぎが原因で胃のなかが荒れてたりすると口の端が切れるってよく言うけど、 最近は忙しくってむしろ食べてないぐらいなんだよね(´-ω-`) だから、他に原因がないかネットで調べてみた!! そうしたら「口腔カンジダ症」一種に 口角炎っていうのがあったんだー ここ最近あまり食事のバランスとか考えてる余裕がなかったから 免疫力が下がってカンジダ菌に負けちやったのかな(T^T)?


女性から男性へカンジダは移る

性行為をしたのちに彼女がカンジダであることがわかりました。 とても神妙な面持ちで話すので、てっきり性病かと思ったのですが違うみたいですね。 でもカンジダは男性でも発症するようで、念のため発症しないように気をつけていました。 どのようなことに気をつけていたかというと患部を清潔にする、なるべく乾燥させておく、体調管理に気をつけるなど ですね。 そもそもカンジダは男性に発症するのは稀で、症状が出たとしても軟膏を塗ればすぐ治るようです。 女性の方がいろいろと大変そうですね。内側にあるので痒くてもかけないでしょうし。 とにかく今後はきちんとゴムをして対策しようと思います。

亀頭包皮炎とは、男性にあらわれるカンジダ菌による症状として知られています。カンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれることもある病気です。カンジダというと女性が発症するリスクが高いイメージがありますが、男性でも影響を受けてしまうケースがあります。カンジダ菌はヒトの常在菌でカビの一種であるため、一度根付き発症してしまうと、再発しやすかったり、完治しにくくなる影響があり、症状を抑えるための適切な対処が必要とされています。
カンジダ治療


テーマはいんきん

いんきんっていうのは陰嚢部分に白癬菌というカビ菌の一種が感染してかゆみを起こすという病気です(。-_-。) ちょっと痒いだけだからと大した対策も立てずにいんきんを放置してしまう男性は少なくないそうですよ。 しかし忘れてはいけないのがいんきんを引き起こしてるのが白癬菌だということです!! 白癬菌といえば水虫で有名な病原菌ですよね...つまり接触感染、触れただけでも他の部分に感染する危険性があるんです(´Д`;) だからいんきんを持っている方は陰嚢部のみならず、太ももやおしり、さらには手のひらにかゆみを感じることが多いんだそうです( >Д<;)